家族間の等級継承

初めてクルマを購入し、自動車保険に加入すると等級は6等級となります。
特にお子さんが加入する場合は年齢条件も加わり、保険料は高くなります。
この際の保険料を安く抑えるために活用したいのが等級継承です。
この家族間の等級の継承では先ず注意したいのは同居していることが条件になっていることです。
離れて暮らす別居の状態では適用されません。
親戚や配偶者の親族も対象になりますが、同居が条件になっています。
親の等級次第にもよりますが、お子さんの保険料を大幅に抑えることが可能です。
親の等級は子どもに引き継いだことで保険料はアップしますが、年齢不担保の契約を結べば保険料を安くすることができます。宇宙02
つまり、お子さんの分は等級の承継で、親の分は年齢条件をつけることで安くするのです。
お子さんの場合は年齢条件による割引は受けられませんが、等級アップの割引率を考えるとメリットも大です。
年齢条件の付帯で気をつけたい点としては、もしお子さんが親のクルマを使った場合の事故です。
仮に30歳年齢不担保を付帯した場合、お子さんの年齢次第では事故を起こしても保険金が出ないので注意が必要です。
家族で2台のクルマを持つことは多々あるものですが、等級の継承は比較的に手続きも簡単にできるので、同居されている場合は積極的に活用したいものの一つです。

Comments are closed.