Archive for the ‘未分類’ Category

他社に等級移行する場合の注意点

等級はどの保険会社でも共通して使われているため、会社によって変わるということはありません。
ただし、等級の引き継ぎの手続きで無事故の証明書などが必要になることがある点です。
外資系から国内損保へ、国内損保から共済系の自動車保険へ、業態・販売チャネルなどが違っても等級は引き継がれますが、各社の手続きの違いを確認しておくことが大切になるのです。海02
しかも、気にするのは手続きだけでなく、時間もポイントです。
契約が切れるのは満期日の午後4時です。
この午後4時を過ぎると、契約の効力は失い、もし事故を起こした場合には補償も出ません。
そのため、満期の午後4時に向けて見積もりをとり準備しておくことが大事になります。
見積もりの手続きには時間も掛かり、最低2ヵ月間ほど余裕をもって取りたいところです。
特に6等級以上の方は満期の午後4時以降は保険が切れ、等級もリセットされます。
等級は割引率にも関係してくるため、手続き一つで保険料も上がるということにもなりかねません。
しかし、5等級以下の方は満期を過ぎても13ヵ月以内で手続きをとれば、等級は引き継がれます。
引き継ぎでは現在の等級と各社の手続きの違い、そして時間の3点に気をつけて早めに準備しておくことをおすすめします。

等級がリセットされる条件

自動車保険には「等級」が設けられており、上がるたびに支払う保険料が割引されていく仕組みです。1から20等まであり20等が一番割引率が高くなります。新規加入の場合は6等から始まり、1年間無事故で1つ上がります。しかし事故を起こすと一度に3つも下がります。下がると逆に割増になってしまいますので、日頃から安全運転を心がけてください。しかし、事故の内容によってはカウントされない事故や一つしか下がらないものもあります。因みに20等になるには無事故で15年ほどかかります。海01
新規加入の場合は通常とは割引率が違ってきます。他にも、車を2台以上所有している人の場合、「セカンドカー割引」という制度があります。いくつか条件がありますがこの割引を利用すると7等から始めることができます。こちらの場合も同じく通常とは割引率が違ってきます。
事故を起こすとデメリットを受けてしまいますが、初期の6等にリセットする方法があります。他社の保険会社に乗り換えた場合です。
しかし条件があって、契約してから13ヶ月間無事故で6等以下であった場合にリセットされます。7等以上の場合はそのまま引き継がれます。デメリットを受けた場合、この点を考慮にして見直しをすると良いでしょう。

 

ダウン事故を隠して新規で申し込める?

事故を起こして等級がダウンすると保険料が上がります。等級には1から20まであります。1の場合は保険料が50%割増しです。また20であれば保険料は60%割引です。また事故1回につき3ランク下降します。

事故とは保険会社が支払いを行った事故ということになり、相手方被害者から送られてきた医療費や修理費の請求書に対し、自ら直接支払って解決した場合は保険の世界では事故と数えられないのです。したがってランクは下がりません。一方で保険から対人賠償保険・対物賠償保険・車両保険が支払われた時には事故と認定され、3ランク下がります。2回の事故では6ランク下がります。

そして保険期間の1年間事故であれば、翌年の満期継続時にはランクがひとつ上がります。沖縄02

ところでダウン事故があって、保険契約満了を前にして他の別の会社に移った時、そのランクが3だったとして新しい会社ではどのような扱いになるのでしょうか。その時点でのランクは変わりません。ではそこから1年経過して契約を更新するときのグレードはどうなるのでしょうか。

各保険会社や各共済団体では、自動車事故情報交換制度に加入しています。そのため他社での事故情報も全て把握できる仕組みになっています。また契約時に過去1年の事故に着いて告知することが義務づけられているのに事実を隠していると、告知義務違反でペナルティの対象になり、契約解除となります。情報交換制度をもってしても1ヶ月ほど経たないと判明しないので、古い保険を解

会社間移行が出来る場合、出来ない場合

自動車保険はいろいろな商品が発売されています。また保険ではなく共済として扱っている団体もあり、管轄省庁が異なります。
さて自動車保険には等級制度があって、事故歴と連動して保険料率を決定する要素となっています。つまり、保険を使った人は等級に影響して保険料が高くなる仕組みです。自動車保険の等級はその契約者のリスクを表すといえます。
この等級制度は、同じように自動車共済にもあります。保険料や掛金はそれぞれ定められていますから商品ごとに違いますが、契約していて何かの都合で契約先を変更する時にはたいていの場合この等級を引き継いで契約を移行することが可能です。沖縄01
等級を引き継いで契約先を変更する場合は、これまで契約していた自動車保険の等級と事故歴がないことを証明する書類が必要になるのが一般的です。
等級は新規で6等級からスタートし、事故を起こして保険を使うことがなければ7等級、8等級と進んで保険料が割引されていきます。逆に保険の適用を受けた契約は6等級からですと5等級以下に戻ってしまい保険料は割増になります。
5等級以下はデメリット等級と言われていますが、このデメリット等級にあたる契約は保険の会社間移行が受け入れられないケースも多いので注意が必要です。

保険会社間の移行と等級

自動車保険の契約者であれば、ほぼ全ての人が等級について把握していると思います。詳しいオペレーションや自身がどのクラスであるかをすぐに答えられる人は多くないものの、自動車保険の中でもロジックがしっかり浸透しています。保険は多くの人が支払う手数料によって成り立つ相互扶助の仕組みで出来ていますが、保険金額などの条件が同等であればリスキーな人は保険料が高く、リスクが低い人は保険料が低くなるのが普通です。大原則として契約者の公平性が保持されるよう保険料は計算されています。雲02
自動車保険では走った距離や用途、免許の色などにより、リスクを細分化して保険料を計算するロジックになっています。保険料の割増引きを決めている制度が階級制度で、正確にはそのオペレーションをノンフリート等級別料率制度と呼びます。等級は1階級から20階級まであり、6等級を基準保険料として無事故で割引が進むと、7、8、9クラスというように移行して、トラブルで保険を使うと一気に3クラス下がります。交通事故で保険を使用した人にはグレードが下る仕組みになっています。金融機関は損害保険料率算出機構がアナウンスするレベルを参考にし、各クラスの保険料を計算するので保険会社によって多少割増引のパーセントが変わってきます。

実は手続きカンタン

生命保険の加入する際に求められる書類に関しては、保険のパターンによって変わってきますが、必ずと言ってもいいほど求められるのは捺印された申込書や本人の確認書類、告知書、意向の確認書、クレジットカードや銀行振替の依頼書などです。
生命保険の契約をする際には、名前や住まいなどが記載された公的証明書を提示し、生命保険会社に対して、契約者であることを証明する手続きがあります。この時に必要な書類が本人確認書類で、これがないと加入することができません。
本人確認書類とは自動車の免許証、それぞれの健康保険証、国民年金手帳、海外に行く際のパスポート、顔写真付きの住民基本台帳カード、取引に実雲01印を使う場合の印鑑登録証明書などです。
通常の生命保険であればほとんどの場合、告知書の提出が義務付けられ、告知された内容によっては契約できないパターンもあります。
告知項目を限定したタイプもあり、傷病歴などがある人を対象としたタイプの特徴的な保険で、告知された内容にトラブルがなければ契約をすることが可能になります。
保険会社やプランにもよって提出する必要書類が異なってくるので、加入する際にはしっかりと確認した上で申し込む必要があります。わからない場合は担当に確認すると教えてもらえます。

等級継承の条件

自動車保険の等級の継承は、家族間でも行うことができます。しかし、どんな場合でも継承が行えるわけでもありません。継承できるのは、契約者の配偶者か同居している親族、或いは配偶者の同居している親族までです。ここで親族と言うのは、通常は6親等内の血族と、3親等内の姻族のことを言います。つまり、例え親子であったとしても、別居している場合には自動車保険の等級を継承することはできないのです。そのため、大学進学や就職などで親と別のと宇宙04ころに住むことになる子供に、自動車保険の等級を継承させようとするのならば、一緒に住んでいる間に保険の継承の手続きを済ませてしまい、その後で子供が引越すのがよい方法です。また、自動車保険の保険料は、年齢が若いと高くなってしまいますので、免許取立ての18歳くらいの子供が自動車を購入して、自動車保険に加入する場合等には、保険料が高くなってしまいます。この様なときにも、自動車保険の等級の継承が役に立ちます。例えば親が自動車保険の等級が20等級だったとし、子供が新たに自動車保険に加入すると、6等級になります。この場合、親子の合計で保険料は高くなります。そこで、親の等級を子供が継承し、親が新たに自動車保険に加入したとなりますと、子供が20等級で、親が6等級となりますが、親は35歳以上の補償となるために、息子が6等級である場合に比べると、保険料が安くなるのです。

上手に引き継いで家計節約

免許を取得してはじめて保険に加入する場合には年齢にもよりますが6等級からのスタートとなります。継続して加入し保険を使用しない場合には等級が上がり、20等級で最大の割引が受けられますが、子供がはじめて加入した場合と20等級でのスタートでは保険料に大きな差が出てきます。現在の自動車保険では等級を引き継ぐことができるようになっていますので、条件次第では保険料を安く抑え経済的な状況を作り出すことがが可能です。等級の引継ぎには一定の条件があり、同居の家族であることが最低条件となってきます。契約者の配偶者や契約者の同居の家族、配偶者の同居の家族が条件となってきます宇宙03が、子供ももちろん家族ですが同居が条件となってきます。家族間で保険の引継ぎを行うには等級の高い人から引き継がなければ意味がありませんので、親から子供に引き継ぐのが基本となってきます。家族間の引継ぎは必ずしも経済的な保険料となる訳ではなく、譲る側の等級が高くなければメリットが小さくなってしまいます。また譲る側は新規に自動車保険に加入することが前提となりますので、引継ぎ時の等級が低い場合はほとんどメリットが無い場合もあります。20等級の人が子供に引き継ぐケースでは、どちらにもメリットがあると言えます。

家族間の等級継承

初めてクルマを購入し、自動車保険に加入すると等級は6等級となります。
特にお子さんが加入する場合は年齢条件も加わり、保険料は高くなります。
この際の保険料を安く抑えるために活用したいのが等級継承です。
この家族間の等級の継承では先ず注意したいのは同居していることが条件になっていることです。
離れて暮らす別居の状態では適用されません。
親戚や配偶者の親族も対象になりますが、同居が条件になっています。
親の等級次第にもよりますが、お子さんの保険料を大幅に抑えることが可能です。
親の等級は子どもに引き継いだことで保険料はアップしますが、年齢不担保の契約を結べば保険料を安くすることができます。宇宙02
つまり、お子さんの分は等級の承継で、親の分は年齢条件をつけることで安くするのです。
お子さんの場合は年齢条件による割引は受けられませんが、等級アップの割引率を考えるとメリットも大です。
年齢条件の付帯で気をつけたい点としては、もしお子さんが親のクルマを使った場合の事故です。
仮に30歳年齢不担保を付帯した場合、お子さんの年齢次第では事故を起こしても保険金が出ないので注意が必要です。
家族で2台のクルマを持つことは多々あるものですが、等級の継承は比較的に手続きも簡単にできるので、同居されている場合は積極的に活用したいものの一つです。