実は手続きカンタン

生命保険の加入する際に求められる書類に関しては、保険のパターンによって変わってきますが、必ずと言ってもいいほど求められるのは捺印された申込書や本人の確認書類、告知書、意向の確認書、クレジットカードや銀行振替の依頼書などです。
生命保険の契約をする際には、名前や住まいなどが記載された公的証明書を提示し、生命保険会社に対して、契約者であることを証明する手続きがあります。この時に必要な書類が本人確認書類で、これがないと加入することができません。
本人確認書類とは自動車の免許証、それぞれの健康保険証、国民年金手帳、海外に行く際のパスポート、顔写真付きの住民基本台帳カード、取引に実雲01印を使う場合の印鑑登録証明書などです。
通常の生命保険であればほとんどの場合、告知書の提出が義務付けられ、告知された内容によっては契約できないパターンもあります。
告知項目を限定したタイプもあり、傷病歴などがある人を対象としたタイプの特徴的な保険で、告知された内容にトラブルがなければ契約をすることが可能になります。
保険会社やプランにもよって提出する必要書類が異なってくるので、加入する際にはしっかりと確認した上で申し込む必要があります。わからない場合は担当に確認すると教えてもらえます。

Comments are closed.